8ミリ通信No.7 今だからこそアナログ
ど~もです!関西で、舞台を中心に日々表現することを行う集団『ぐんぐん企画 』で大活躍してる(つもりの)猿山圭胡です。
 さる11月2~5日、大阪心斎橋にて、「りんごのお酒」という1シチュエーションホットコメディなるお芝居を上演しました。その際劇中に8mmフィルムテレシネ映像を編集したミュージッククリップを使用し好評を得ました。(・・・得たのかな?)。お忙しい中、吉岡さんには1週間で約40分の素材をテレシネして頂き、大変感謝しております。失礼なお願いにもかかわらず、8mm通信の原稿依頼まで頂いちゃって、もう、わほほほ、いひひひ・・・失礼(無駄な字数を使ってしまった)。


8mm7no14_convert_20090901121824.jpg

  上映した『りんごのお酒』から。
さて、何を書こうかと迷ったのですが、なぜ自分が8mmフィルムや舞台にこだわっているのか(これでもちゃんとこだわってやってるんですよ)ということぐらいしか、文才がないので書けないやと思いまして、上記のように「今だからこそアナログ」と題しました。実は舞台と8mmって似てるンですよ。舞台って自分の肉体しか頼れるものがない。板の上で裸にされて、恥じかいて、自分といやがおうにも向き合わなくちゃいけない。今自分の肉体使うことって、日常少なくなってると思うんですよね。

8mm7no13_convert_20090901122613.jpg
 劇中に使用したテレシネ映像のひとコマ。

 8mmも同じで、こんなめんどくさいこと何故にする?って、実は私20歳なんですけど、同じ年代の人は言うんですよ。ピントや、絞り合わさなくちゃいけないし、その場で確認できない。3分しか撮れなくて、おまけに現像があがるまで10日はかかる。ビデオの方が楽ですもんね。世の中ラクしよう、ラクしようと思って、確かに進歩はして来ました。でも肝心なこと忘れてません?舞台と8mmフィルムにはあるんですよ、現実が。生の肉体使うし、電気信号じゃなく、ちゃんと1コマ1コマ画が写ってるし・・・とか言って実は、パソコン使ってノンリニア編集やってるんです。それで便利になったこと、たくさんあります。だからこそ、それぞれの良い所、悪い所を見極める目を持ちたいですね。そうすれば、いい形の調和がとれて、より良い作品が創れると思ってるんですけど。こういう部分、吉岡さんのやってる、8mmフィルムテレシネ作業と似てるかもしれない(って勝手に思ったりしてます。)うだうだ書いちゃいましたが、こんなもんでどうでしょうか?少しでも興味もたれたら、ぐんぐん企画の表現舞台、観に来てください(ってちゃっかり宣伝しちゃいました)。



= 猿山 圭胡さんプロフィール =
8mm7no15_convert_20090904120127.jpg

奈良県出身、20歳。役者、監督(映像のみ)
「表現する演劇を追求し、様々なジャンルのアーティスト達と、良質の舞台作品を生み出すこと」を志す集団『ぐんぐん企画』に所属。
舞台への出演、8mmフィルムなどの映像作品の製作、チラ作成など日々表現活動を行っている。
公演予定:ぐんぐん企画プロデュース第10弾「そこにあるもの」2001年1月13・14日神戸アートビレッジセンターにて演劇、ダンス、映像、音楽によるコラボレーション・アート
スポンサーサイト



2009-09-04 12:15 | 今だからこそアナログ | Comment(0) | Trackback(0)
Comment
コメントを書く
#

管理者にだけ表示
Trackback
Trackbak URL:http://old8mm.blog49.fc2.com/tb.php/93-99250f25
09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--