8ミリ通信No.7 元祖アニメ、"錦影絵"を伝えて
 世の中にエジソンのキネトスコープもリュミエール兄弟のシネマトグラフもまだ産声を上げなかった今から二百年前の映像文化を現代に継承する人たちがいる。

 トントコ、チキチン、トコトン、チキチキ・・・
真っ暗やみの中、鳴り物の音につづいて目の前に天然色の福助の絵が浮かび上がり、と同時にギクシャクと言うか、ともかく動き出す。「さて、このたび上映いたしまするは総天然色、錦影絵錦影絵にござります。演目は工場に続いて・・・。」で始まり出す"錦影絵(にしきかげえ)"は動くカラー影絵、正に"元祖アニメ"である。
 江戸時代後期に考案され、落語や歌舞伎の話を題材にして、映写、語り、鳴り物が一体となった娯楽で明治時代にはたいへんはやり、専門の小屋もあっったそうだが、活動写真が発達してからは廃れてしまった。
 上方落語の桂米朝さん(人間国宝)は二十数年前、京都・伏見に住む錦影絵の技術を伝承する山田健三郎さんから貴重な機材一式を譲り受け、その一門たちで操作法を習得し、上映会を開いている。その先頭に立って錦影絵を操るのは桂吉朝(かつらきっちょう)さんで桂米左(かつらよねざ)さんとコンビを組んで五年になるという。

8mm7no9_convert_20090805164413.jpg
『風呂』を操作する桂吉朝さん(左)と桂米左さん(右)

 錦絵の機材は「風呂」と呼ばれる映写装置四台、フィルムのコマのようにカラーの絵がいくつか描かれた、スライド状のガラス板「種板」、横三メートル、縦一.五メートルくらいの和紙のスクリーンで一そろいである。通常、映画が観客の後方から映写するのに対し錦影絵のそれはスクリーンの裏側から映写される方式で、子どもの頃、障子をスクリーンにして両手で鳥や犬の影絵を作った原理と似ている。
 木箱状の映写装置は電気のなかった江戸時代、油を入れたお皿の紐芯に火をつけ、光源としたそうである。ろうそくでは光の位置が変化するのでだめなのである。現在は六十ワットの電球を光源としている。上映が進むにつれ温まった箱の上部から湯気が上がるのでこの装置は風呂と呼ばれたそうである。
 完全に現存している種板は六話分。「福助の口上」に続いて歌舞伎の「三番叟」が始まる。三味線の音に合わせて激しく踊る場面で"元祖アニメ"の本領が発揮される。
それぞれの風呂には左向きの姿、右向きの姿など違ったポーズの絵が描かれた種板を入れ、映写すると踊っているように見える。
 さらに他の種板にも上向きの足、下向きの足などが描かれていて巧みにスライドさせることで乱舞しているような効果が出せる。

8mm7no8_convert_20090805170522.jpg
錦影絵の映写装置、「風呂」と「種板」

 出し物、「日本の四季・近江八景」から女性のおきよさんが雨戸を閉める場面のさわりを少々。
 吉朝さんがおきよを、米左さんが旦那を演じている。スクリーンには夕闇せまる湖のそばに建つ古風な家が描かれていて、雨戸はかなり小さい。おきよさんが右から出てきて左端まで行き、一枚を右端まで閉めて戻って、また一枚閉めて・・・

おきよ 「雨戸、こんなもんでよろしいかな、さてさてさて。」と雨戸の位置をさぐっている。
旦那  「雨戸ぐらい、だまって閉められへんのか。」
おきよ 「一生懸命やってまんねや。むずかしおまんね。」うまくはまらず雨戸は行ったり来た     り。
旦那  「いつまでかかってんねや。」
おきよ 「どんなもんですかいな、ヨイショと。」また、はずれる。
旦那  「まだかいな。」ようやくはまり、おきよさんは次の雨戸へ。
おきよ 「あと一枚でっせ。ヨイショ、ヨイショ、あれ、動かない。」抱えた雨戸がまたはずれ     る。
旦那  「あんた、家つぶす気か。」
おきよ 「ここの家が古いから。安政三年の家やさかい・・・。ハァーい、閉まりました。」
旦那  「もぉ、雨戸閉めるのに何時間かかるんやな、この娘はほんまに毎日、毎日。」~


 と、こんな具合なのである。四枚の雨戸を女性が閉めるだけなのだが、これが実に面白い。スクリーンの向こうの暗やみの中で風呂と種板を操作しながらアドリブで語るふたりの姿が想像でき、客席からもどっと笑いがおこり、抱腹絶倒の境地である。
 演目は他に「うさぎの餅つき」、爆笑劇「高尾」、鮮やかな花が咲く「四季の彩り」がある。
 今、街にはコンピュータグラフィックスを駆使した映画が闊歩しているがたまにはこんな映像に触れてみては如何であろうか。
 六話の上演を演じ終えた吉朝さん、米左さん、鳴り物の奏者さんが今、「風呂」から上がったようにピカピカに輝いて見えた。くれぐれもお二人の本職は落語家であり、決して錦影絵師ではないので念のため。落語とセットでお楽しみあれ。

8mm7no11_convert_20090805173008.jpg
演目のひとつ「四季の彩どり」カラーでお見せできないのが残念。

◆落語と錦影絵のお問合せは
〒530-0047 大阪市北区西天満5-9-16-201
(株) 米朝事務所 Tel.06-6365-8281まで。
8mm7no10_convert_20090805173404.jpg

                               8ミリ通信No.7 page,5,6
スポンサーサイト



2009-08-05 17:40 | 元祖アニメ、"錦影絵"を伝えて | Comment(0) | Trackback(0)
Comment
コメントを書く
#

管理者にだけ表示
Trackback
Trackbak URL:http://old8mm.blog49.fc2.com/tb.php/92-70592d2a
09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--