8ミリ通信No.7 ~旅は子連れ、余は八ミリ~
 この夏、宇和島へ行った。小学校六年生の我が息子を連れ、車中泊を含め三泊四日の旅である。一番の目的はアマチュア映像作家のNさんをたずねることにあった。昨年、CFCサロン(旧小型映画友の会)主催の「名作と話題作の鑑賞映写会」で知り合った方である。その席で、使用しなくなった8ミリ機材を譲りますということを伺い、私の事情で一年を過ぎてしまったが、ようやく向かうことができた。

 ここのところ、旅には必ず8ミリを携えて出掛けるようになった。今回は息子の小学校最後の夏休みとあって、思い出風にまとめようと考え、無理矢理タイトル
まで作らせ、それを現地で撮影するという、私にとっては凝りようとなった。
8mm7no6_convert_20090707170733.jpg



 温暖な気候の宇和島(といっても夏はやはり暑い)で暮らし、8ミリを趣味とすると、こうも元気なのかと思う位Nさんは元気なのである。八十歳をとうに越しているのに現役で歯科医院を開業しておられる。CFCサロンが主催する撮影会にもビデオカメラを片手に奥様共々精力的に出掛けている。
ご自宅のそばには昔、映画館であった建物が今も残り、映画が華やかなりし頃の面影をとどめている。当時この映画館はNさんの敷地内にあったのでご自身と家族は無料で入館できたそうです。こんなきっかけでNさんは早くから映画に接し、アマチュア映像作家として8ミリを始めるようになってからは地域のまとめ役として、大勢の方々に8ミリを教えられました。
 宇和島は、かつて伊達藩十万石の城下町であった面影が各所に残っており、築城四百年を迎えた宇和島城や伊達家の隠居所として造られた天赦園(てんしゃえん)の庭園が美しく保存されています。また二頭の牛が闘う迫力満点の闘牛が年に五回、行われています。海・山々の風景もたいへんきれいで映像の題材には事欠かない所かと思います。
 Nさんから寄贈いただいたたくさんの8ミリ機材は今後、有効に活用させていただきます。誌面をかりて御礼申し上げます。
ありがとうございました。                         (吉岡 博行)
                                8ミリ通信No.7 page,4
スポンサーサイト



2009-07-07 17:40 | 8ミリ通信No.7 | Comment(0) | Trackback(0)
Comment
コメントを書く
#

管理者にだけ表示
Trackback
Trackbak URL:http://old8mm.blog49.fc2.com/tb.php/90-4076a5c9
09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--