8ミリ通信No.5 表紙
8ミリ通信No.5も最終ページです。ちなみに私が初めて回したカメラはフジカのP2だったと思います。軽くて、簡単。子供でもとれましたねぇ。

8mm5no30_convert_20090109165627.jpg


表紙説明

昭和五十年代に入ると、写真のコンパクトカメラにおける自動焦点化、いわゆるオートフォーカスカメラが花盛りとなってきました。8ミリにおいてもサウンド化とともに各メーカーから自動焦点カメラが発売されました。
 フジカシングル-8 P400サウンドオートフォーカスカメラはレンズ上部に自動焦点の測距用窓をもち、その外観はマッコウクジラを思わせます。電源は単3型3本、コマ速度は18コマだけ。シャッター開角度は二百二十度。EEロックも可能。ズームレンズは広角9ミリから約4倍。重さ九九〇グラム。ピント合わせはもちろん、手動も可能です。
 フジカシングル-8 P2ズームはコンパクトさに加えて、ちょっぴりうれしいズームレンズを着けています。サウンド化により高級化した8ミリ界をふたたび大衆化しようとの意図から発売されました。電源は単3型2本。重さ三八〇グラム。ご旅行のハンドバックの中に、お子さんの成長記録に。ご婦人方、いかがでしょうか。

8ミリ通信
GOOD HILL FILM FACTORY MAGAZINE
発行 吉岡映像設計事務所
スポンサーサイト



2009-01-09 17:00 | 8ミリ通信No.5 | Comment(0) | Trackback(0)
Comment
コメントを書く
#

管理者にだけ表示
Trackback
Trackbak URL:http://old8mm.blog49.fc2.com/tb.php/67-3f00555a
09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--