8ミリ通信No.5 エッセイ from Kyoto ~映画『8mm鞍馬の火祭』~
 去る10月「8mm鞍馬の火祭」と題した上映会を開いた京都市在住のTさん。十年以上も撮り続け記録映画として完成させた熱き思いを語っていただく。

8mm5no25_convert_20090109115620.jpg

前編 46分
   叡電鞍馬駅前の「かどや商店」紹介が導入口。祭りがとり行われる地理範囲   の紹介、芝刈り、芝出し、芝分けなどの様子を日にちを追って紹介、秋に    入って松明作りや祭りの一週間前の宵宮祭の様子、前日の中在地、大惣仲間   の宿づくりの様子などが主だったもの。

後編 34分
   祭りそのものの紹介が主で、七つの仲間によってとり行われる下在地、中在   地、上在地の祭りの様子を順序を追って紹介する。


■最も苦労した部分
 技術的には既に製造を終えた老朽化した映写機を使っての音声を吹き込むアフレコの作業。途中で映写機 のベルトが切れたり、ランプが切れたりするとヒヤヒヤものであった。
■使用カメラ
 スーパ-8 キャノン310XL、エルモ800
 シングル8 フジカZ500、フジカZC1000

■使用映写機
 エルモST-180、2トラック使用
 私と8ミリとの出会いは、私が子供の頃に檀家巡りの坊さんが撮った「日本舞踏」のフィルムであった。その頃はかなり高価なもののように記憶している。
 それから学生の頃に、私よりも少し上だった若い教師が見せてくれた箱形、ネジ巻き式の、ごく初期の8ミリカメラである。これに合うフィルムを教師が探し出してくれて撮影したものは、モノクロサイレントでも山道をかけおりてくる学生の姿を生き生きと映し出したのをよく覚えている。1969年頃、青春の一コマである。

 8mm5no24_convert_20090109123235.jpg

 私が「火祭」をカメラに撮り出したのが12~13年前。漆黒の闇に煙と低い太鼓の響きが立ちこめる中、松明の炎をバックにシルエットで剣鉾が迫ってくる様子をみた瞬間、何かゾクッと体中の毛が逆立つような感動を受けた。

8mm5no26_convert_20090109135018.jpg
日本3大奇祭のひとつ、勇壮な鞍馬の火祭

昔は二日間の祭りであったのも、現在ではかなり簡略化されている。七つの剣鉾や神輿の渡御など、要所々々には今も昔の雰囲気を残しており鞍馬に伝わる七つの仲間の存在が現在も受け継がれている事には実際のところ、驚かされた。
 撮り出して二年目に昭和天皇崩御による居祭りのみとなり、丸一年はとんでしまった。さらに二年後、今度外国製フィルムの国内現像中止や、フィルムの発売中止などで、やむなく国内産のフィルムに切り替えざるを得なくなり、これは本当にまいってしまった。フィルムを替える事、これはス-パ-8用からシングル8用のカメラに替えなくてはならない事なのである。一年に一度のチャンスに4~5年かけてきた自分にとって、又これから振り出しに戻ったような気がした。
 しかし、この時に知り合えたのが叡電鞍馬駅で木の芽煮を売っておられるお店のご主人、Hさん。どうしても松明が集合して来る全景を高い場所から撮りたいために、「Hさんの工場の二階から撮らせて下さい」と頼みに行った。いともそっけなく「あかん。」二回目も「無理や」、三回目くらいから少しずつ話を聞いてもらえるようになって、四回目にようやく「ほな、今年来るか」と言ってもらえた。思わず帰り際にヤッター!とガッツポーズが出た。
 これがきっかけで、今ではいろいろな情報を提供してもらっている一番の協力者である。祭りの性格上、狭い鞍馬街道の南北1キロの間で同時刻に南と北から祭りは進行するので、大勢の見物人をかきわけ移動するのは並大抵のではない。
 従って、映像は時刻を追って南北の様子を映し出しているが、全部年代の違った映像を順序に合わせてつなぎ合わせたものである。
 これもTV局のスタッフが何人もで何台ものカメラを担いで乗り込んで来るのをよそ目に、カメラマン、照明、音声、編集、ナレーター、もの運び等、一人で孤軍奮闘、足で稼いだ汗の結晶とでも言えましょうか。
(題字は二人の息子さんの合作)


 8mm5no27_convert_20090109142340.jpg
1949年生まれ。13歳まで京都で過ごす。
後5年間は東京に移る。創立時の京都精華大学
デザイン科卒。京都の印刷会社に勤務、現在に
至る。8mm歴約23年

                            8ミリ通信No.5 page,9




 
 
スポンサーサイト



2009-01-09 14:45 | エッセイfrom Kyoto | Comment(0) | Trackback(0)
Comment
コメントを書く
#

管理者にだけ表示
Trackback
Trackbak URL:http://old8mm.blog49.fc2.com/tb.php/64-875ab3f2
09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--