スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
8ミリ通信No.7 8ミリの独り言
~家族とともに~
 二十一世紀が目前である。そして私は六十八才を迎えた。母なるイーストマン・コダックは私を16ミリの弟分として生んでくれた。一九三二年に生をうけ、わずか3才にしてはるばる太平洋を越えて日本へやって来た。その頃の日本はとても平和で、先に来た兄さんやフランス生まれのパテーさんが活躍していた。小さな私など受け入れられるのかと心配したが、それもとりこし苦労で、たくさんの家族から歓迎された。
続きを読む
スポンサーサイト
2009-04-15 15:45 | 8ミリ通信No.7 | Comment(0) | Trackback(0)
8ミリ通信No.7 平成12年(2000年)12月1日発行
8mm7no1_convert_20090403141428.jpg

 この秋、高校時代のクラブの旧友たちと、当時の顧問の先生をたずねようと長野県須坂市への旅に出た。
旧友とも、その先生とも二十年以上も顔を合せていないので、少しわくわくした気分であった。
 敦賀で拾ってやるというので、久々にハンドルを握らなくてもいい旅で”車中後部席にふんぞり返る人”となり、車は一路北陸自動車道を北上した。
続きを読む
2009-04-03 15:15 | 8ミリ通信No.7 | Comment(0) | Trackback(0)
04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--