スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
8ミリ通信No.8 文豪パロディーシリーズ (3)
8ミリ合格』

 傷の多い生涯を送って来ました。自分には、はっきりくっきりのビデオというものが、見当つかないのです。自分は田舎町でずいぶん長く使われていましたので、ビデオを見たのは、よほど後になってからでした。自分はビデオキャメラの映像が撮影してしてすぐ見られる事の意味に気付かず、ただそれは誰でも安直に複雑に楽しく、ハイカラにするためにのみ、設備せられてあるものだとばかり思っていました。しかも、かなり永い間そう思っていたのです。スイッチポンの再生は自分にはむしろ、ずいぶん垢抜けのした遊戯で、それはビデオのサーヴィスの中でも、最も気のきいたサーヴィスの一つだと思っていたのですが、それはただ撮影者がすぐに映像を見たいがための頗る実利的な装置に過ぎないのを発見して、にわかに興が覚めました。

(ダサイ・オーサム著)

8ミリ通信No.8 page,2
スポンサーサイト
2010-04-08 12:20 | 8ミリ通信No.8 連続小説.3 | Comment(0) | Trackback(0)
02
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
--
>>
<<
--
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。