スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
8ミリ通信No.7 表紙

8mmNo7.jpg

表紙説明

 8ミリが世界的に黄金期を迎えた一九七〇年代はスーパー・シングルともに多くのメーカーから高級機が開発され、後に名機と呼ばれ、愛用され続けたカメラが幾つかあります。
 一九七二年(昭和四十七年)に発売された、キャノン814E(写真右側)は以前から親しまれていたスーパ-8の814型をエレクトニクス化して、電磁レリーズやセルフタイマー、インターバルタイマー、またストロボとの同調など、システム8ミリカメラとして誕生させました。レンズ先端から被写体距離24ミリまで接近できるマクロ撮影機構を組み込み、動植物の生態、アニメーション、タイトル撮影等、これまで高級テクニックとされていた撮影分野が身近なものとなりました。
 同年、エルモはスーパー110(写真左側)を発売。"超望遠、超広角、超近接撮影"を歌い文句にズーム比一〇倍(7mm → 70mm)のレンズでパースペクティブを強調した超広角、重量感をねらったダイナミックな超望遠は8ミリのズーミングの世界を広げました。また54コマのハイスピードによるスローモーション撮影は表現の多様性をもたらし、肉眼で観察できない瞬間的な動作の分解を可能にしました。

8ミリ通信
GOOD HILL FILMS FACTORY MAGAZINE
発行 吉岡映像設計事務所
スポンサーサイト
2010-01-19 11:55 | 8ミリ通信No.7 | Comment(0) | Trackback(0)
8ミリ通信No.1 編集後記
編集後記

年3~4回の予定が、今回は2回しか発行出来ませんでした。それだけ中味が濃かったやん!とも言い切れず、ひたすら謝るほかすべはありません。購読者の皆様本当にゴメンナサイ。来年はもっともっと充実した内容をたくさんお届けできるように努力致します。公衆電話は開設100年を迎えて、その姿を消そうとしています。次の100年では何が生まれ何が消えゆくのでしょう?
8ミリの行方は誰が見届けてくれるのでしょうね?
                                     編集・構成担当:S.Gotoh
                                        8ミリ通信No.7 page,10
2009-11-24 10:30 | 編集後記 | Comment(0) | Trackback(0)
8ミリ通信No.7 工場長のワンポイント・アドバイス
知ってると便利
工場長のワンポイント・アドバイス

 工場長から8ミリ愛好家の皆様へ。
ついこの前まで汗をふきふきフィルムと格闘(?)していたというのに、あっと言う間に単車の行き帰りにはグローブと厚手のジャンパーが必要になりました。さて、お休みの間に、ちょっとフィルムを見てみませんか?

大切に保管しているフィルム、
       ちょっと見て下さいネ?


 フィルム画像の歴史は百年を超え、その安定性は皆様ご存知の通りであると思います。しかしフィルムの構造上、支持体(ベース)にゼラチン乳剤が塗布されているものですから、時が経つにつれ様々な変化をすることが実証されています。

8mm7no20_convert_20091022161507.jpg


続きを読む
2009-10-22 16:50 | 工場長のワンポイント~ | Comment(0) | Trackback(0)
8ミリ通信No.7 今だからこそアナログ
ど~もです!関西で、舞台を中心に日々表現することを行う集団『ぐんぐん企画 』で大活躍してる(つもりの)猿山圭胡です。
 さる11月2~5日、大阪心斎橋にて、「りんごのお酒」という1シチュエーションホットコメディなるお芝居を上演しました。その際劇中に8mmフィルムテレシネ映像を編集したミュージッククリップを使用し好評を得ました。(・・・得たのかな?)。お忙しい中、吉岡さんには1週間で約40分の素材をテレシネして頂き、大変感謝しております。失礼なお願いにもかかわらず、8mm通信の原稿依頼まで頂いちゃって、もう、わほほほ、いひひひ・・・失礼(無駄な字数を使ってしまった)。


8mm7no14_convert_20090901121824.jpg

  上映した『りんごのお酒』から。
続きを読む
2009-09-04 12:15 | 今だからこそアナログ | Comment(0) | Trackback(0)
8ミリ通信No.7 元祖アニメ、"錦影絵"を伝えて
 世の中にエジソンのキネトスコープもリュミエール兄弟のシネマトグラフもまだ産声を上げなかった今から二百年前の映像文化を現代に継承する人たちがいる。

 トントコ、チキチン、トコトン、チキチキ・・・
真っ暗やみの中、鳴り物の音につづいて目の前に天然色の福助の絵が浮かび上がり、と同時にギクシャクと言うか、ともかく動き出す。「さて、このたび上映いたしまするは総天然色、錦影絵錦影絵にござります。演目は工場に続いて・・・。」で始まり出す"錦影絵(にしきかげえ)"は動くカラー影絵、正に"元祖アニメ"である。
 江戸時代後期に考案され、落語や歌舞伎の話を題材にして、映写、語り、鳴り物が一体となった娯楽で明治時代にはたいへんはやり、専門の小屋もあっったそうだが、活動写真が発達してからは廃れてしまった。
 上方落語の桂米朝さん(人間国宝)は二十数年前、京都・伏見に住む錦影絵の技術を伝承する山田健三郎さんから貴重な機材一式を譲り受け、その一門たちで操作法を習得し、上映会を開いている。その先頭に立って錦影絵を操るのは桂吉朝(かつらきっちょう)さんで桂米左(かつらよねざ)さんとコンビを組んで五年になるという。

8mm7no9_convert_20090805164413.jpg
『風呂』を操作する桂吉朝さん(左)と桂米左さん(右)
続きを読む
2009-08-05 17:40 | 元祖アニメ、"錦影絵"を伝えて | Comment(0) | Trackback(0)
<Prev
04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。