スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
8ミリ通信No.2 表紙
8ミリ通信No.2 最終ページです。
徐々に内容が増えてきています。アップするのが大変になってきています。(苦笑)

このブログが見えにくい、又は見えないなどの相談ございましたら是非ご連絡ください。
今後とも宜しくお願い致します。

8mmNo2_convert_20081219175102.jpg


続きを読む
スポンサーサイト
2008-12-11 12:20 | 8ミリ通信 No.2 | Comment(0) | Trackback(1)
8ミリ通信No.2 編集後記
編集後記
 いつものように路地を入り、カマボコ好きの肥満犬、普段着の舞妓はんに出会う、織音響くここは上七軒。いつものように工場にやって来ると、『作業中、声かけて下さい』のメモが。壁に耳をあてるとカタカタと映写機の音がする。50ft?200ft?でも昨日急ぎのテレシネだと言ってクリーニングしていたから、ここで止める訳にはいかない。しばし隣のおじいちゃんが育てている花など眺めましょう。
京都へお越しの折は当工場へ是非お立寄り下さい。(メモ貼ってあっても声かけて下さいね。)

                                                              8ミリ通信No.2 page,10
2008-12-11 11:28 | 編集後記 | Comment(0) | Trackback(1)
8ミリ通信No.2 工場長のワンポイント・アドバイス
知ってると便利
工場長のワンポイント・アドバイス

このページは、8ミリに関するさまざまな疑問にお答えし、アイデアを提案します。
松本工場長までどしどしお便りを!!
続きを読む
2008-12-11 11:10 | 工場長のワンポイント~ | Comment(0) | Trackback(1)
8ミリ通信No.2 Essay 優しきまなざし~8ミリのススメ~  
●松下商会 代表 松下 隆一

 こんな映画がある。走る引越トラックの車窓から少年が身を乗り出し後方に向かって8ミリキャメラを回し続ける。そのトラックを懸命に走って追う少女がいる。少年は「サヨナラ、俺!」と叫び、少女は「サヨナラ、私!」と叫んでいる。(ここだけをみればヘンテコリンだが、ここだけを見てもオモシロイ) ー大林宣彦監督作品『転校生』のラストシーンである。ご存じの方も多いと思うが、ストーリーは実に単純で、中学生の少年と少女の心がアクシデントによって入れ替わってしまい、それがもとでひと騒動起きるというものである。男の子の肉体が女の子の心を持ち、女の子の肉体が男の子の心を持ってしまうことから、それをめぐる葛藤がオモシロクてホロ苦くてあたたかい、青春映画の傑作なのである。(知らない方は一度御覧あれ)
続きを読む
2008-12-09 17:00 | Essay/松下隆一 | Comment(0) | Trackback(2)
8ミリ通信No.2 HOW TO フィルムクリーニング
 映写機で酷使?された8ミリフィルムは意外なほど汚れているものです。テレシネの品質を上げるためにはフィルムのクリーニングを如何にするかという点につきます。その方法の一部をご紹介しましょう。まずリールに巻かれたフィルムをほどき状態を点検、クリーニング法を考えます。すぐに処理できてテレシネ作業に廻せるもの、クリーニングと合わせ形状変化の修復に何ヶ月もかかるもの(当工場では『寝かせ』と呼ぶ)など様々です。処理液は揮発性の溶剤やアルコール系のものを使用しますので、火気や換気には気をつかいます。クリーニングの担当をしている私はアルコールには滅法弱く、この作業はとてもきつくつらいのですが磨けば光ってくるフィルムを見ていると、やめられません。
ー決してアル中ではありません。
続きを読む
2008-12-09 12:26 | 8ミリ通信 No.2 | Comment(0) | Trackback(1)
<Prev
12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--